日本経済を支える銀座の高級クラブ

皆さんは「キャバクラ」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
おそらく「おじさんの隣にお姉さんが座ってお酒を作ってしゃべっているお店」という程度のイメージではないかと思います。
確かに地方のキャバクラであれば、そのイメージで間違いありません。

しかし「銀座キャバクラ」は、そんな呑気な世界ではないということをご存知でしょうか。
今回の記事では、一流の街である銀座の高級クラブという存在が、日本にとって無視できないほど大きな影響を与えているのかについて紹介していきます。

1.夜の世界では毎晩大金が動いている

まず皆さんに理解していただきたいのは、「キャバクラをはじめとする夜のお店では毎晩大金が飛び交っている」という事実です。
例えば地方の小さなスナックやキャバクラでも、ある程度のお客さんが入っていれば、一晩に50〜100万円程度は売上をあげることも珍しくはありません。

つまり、そこそこ経営が順調なお店であれば、月間1,500万円程度は動いているということになります。

実際に一般的な飲食店が月間200万円前後の売上を作ることができず、次々と潰れていっていることを考えると、この金額は相当なものだといわざるを得ません。
そしてそんなキャバクラの中でも頂点にあるのが、「銀座の高級クラブ」です。
銀座はかなり特殊な立地で、一流の人物やお金持ちばかりが訪れる、正に日本の中心地と表現しても過言ではありません。

そんな銀座のキャバクラは、お金にまつわる様々な逸話が存在しています。
「1人のお客さんが一晩で1,000万円使った」だとか、「1人で一晩に3,000万円を売り上げたキャバ嬢がいる」といった豪快な逸話ばかりです。
また「年収が2億円近いキャバ嬢もいる」という話もありました。

冗談のような話ですが、これらは全て実話のようです。
それだけのお金が毎晩のように動いている飲食系の仕事は、日本全国を探してみても他には存在しません。
「GDP(国民総生産)は下がる一方」といわれ、毎年毎年、其処彼処で「今年も不景気」と飽きもせずに囁かれていますが、どうやら銀座のキャバクラには「不景気」という言葉は存在しないようです。

2.大企業の方針は銀座の夜のお店で決まっている

とんでもない売上を誇る銀座のキャバクラですが、お金を生み出しているのは店の中だけではありません。
確かにお店の売上そのものも凄まじいですが、実はさらに大きな経済効果を銀座のキャバクラが生み出していることはご存知でしょうか。

皆さんもご存知の通り、これらの企業はグローバルな規模で、様々なビジネスを展開しているのですが、その経営方針のほとんどは銀座の夜のお店で決まっているといわれています。

「いくら何でもそれは嘘くさい…」と思われるかもしれませんが、これもまた銀座の夜の世界の事実です。
日本の首都圏には、大企業と呼ばれる会社がたくさん存在しています。
そして経営者は日々、様々な決断を下しながら会社を動かしているのですが、その決断のほとんどは社屋内での会議ではなく、夜の銀座で行われているのです。

世の経営者たちが、夜な夜な高級クラブやキャバクラに足繁く通う理由は遊び目的ではありません。
昼間の仕事の時間だけでは出会えない、新しいビジネスパートナーや知識人、文化人達と出会うために、キャバクラに通っているのです。

3.日本はキャバクラが支えている

これらのことを踏まえて考えると、日本を消費面でも経済面でも「銀座のキャバクラ」が不可欠の存在であるということがよく理解できるのではないでしょうか。

そして日本にそれだけのインパクトを与える、キャバクラの仕事は少しの勇気と向上心さえあれば、どんな女性でもキャストとして関わることができるのです。
これは驚きに値することだといわざるを得ません。

学歴がなくても、今現在お金がなくても、多少経験が足りなくても、どんな女性でも「銀座のキャバ嬢」になることができるのです。
銀座のキャバ嬢になれれば、普通に生きていたのでは出会うことのない、様々な人物と出会うことになるでしょう。

そして銀座の夜のお店で「自分というブランド」を認めさせることができれば、「あなたを中心にした人脈」ができあがります。

これは他の仕事をしていたのでは、決して経験できないことだと断言できます。
たとえ世界中のどんな仕事であっても、自分を中心にした人脈が、国を動かすほどの勢いを持つことはまずないでしょう。

いかがでしょうか。
銀座のキャバクラは大変厳しい世界ですが、自分の決断1つで成功への道を歩き出せる、大きな可能性を秘めている職業でもあります。
少しでも興味を持たれたのであれば、早速「銀座のキャバ嬢」になってみてはいかがでしょうか。

成功を掴み取るために必要なことは「挑戦」です。
失敗を恐れずに銀座に挑戦してみましょう。
次はその挑戦の第一歩となる「キャバクラ求人の探し方」について紹介します。

成功への第一歩はキャバクラの求人を探すことから

ここまで読み進めてきたということは、「銀座の高級クラブのキャバ嬢になって日本経済の中心になる覚悟ができた」ということでよろしいでしょうか。

それではそんなあなたのために、今回の記事では「銀座の高級クラブでキャバ嬢になる方法」を紹介しましょう。
少しでも大げさに始めてしまいましたが、実際にやるべきことはそんなに難しいことではありませんので安心してください。
それでは人生を変える第一歩である「高収入な銀座キャバクラ求人探し」を始めましょう。

1.キャバクラ求人はどうやって見つけるのか

何は無くとも、まずは応募するお店を見つけなければ、何も始まりません。
キャバクラの求人を探す方法としては、以下の3つ手段が代表的なものです。

  • 求人情報誌を利用する
  • 求人サイトを利用する
  • インターネットでキャバクラのホームページを探す

自分の人生を変える職探しになりますので、「自分にとって最高のキャバクラ」を見つける必要があります。
そのためにも情報収集は非常に重要です。
できる限り全ての手段を使って、銀座にはどんなキャバクラがあるのかを調べ尽くすことをおすすめします。

2.キャバクラの求人情報誌から見つける

まず1つ目の探し方として、キャバクラ専門の求人情報誌からお店を探しましょう。
例えば駅やコンビニにフリーペーパー方式で置いてある、「普通の求人誌」にもキャバクラの求人は掲載されています。
ですがこの手の求人誌には、大した数の求人は掲載されていません。

あくまで普通の求人誌ですので、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった普通のアルバイト求人が、その紙面のほとんどを占めています。
ですのでもう少し突っ込んで「ナイトワーク専門の求人誌」を探しましょう。

インターネットで探す方が効率的に思われるかもしれませんが、こういった紙媒体の求人誌には「地元のお宝求人」が掲載されている場合がありますので、必ず1度は目を通すことをおすすめします。

「あからさまにナイトワーク」といった風情の派手な表紙のフリーペーパーを探せば、案外すぐに見つかるはずです。
キャバクラがたくさんある駅によく設置されている印象があります。


画像引用元:http://jobaidem.com/

3.キャバクラ・クラブの求人サイトから見つける

2つ目の探し方は、インターネットの求人情報サイトからお店を探す方法です。
こちらも求人情報誌と同じように、「ナイトワーク専門の求人情報サイト」がいくつもあります。

「ナイトスタイル」や「姫リク」、「リンカーン」、「キャバキャバ」といったサイトが有名どころではないでしょうか。
サイトの使い方も普通の求人情報サイトと同じように、働きたいエリアを選択するだけで検索結果が大量に表示されます。

今回であれば「銀座エリア」を選択し、検索してみましょう。
かなり大量にお店の情報を見つけることができると思います。
求人情報サイトは求人誌とは違い、店内の内装が把握できる写真や、実際に接客している様子を写した写真を複数枚掲載していることもあり、お店の空気感を掴みやすいです。

また求人情報が、随時更新されますので最新の情報を見つけやすい探し方といえるでしょう。

また求人情報サイトを利用したお店探しは、普段から時間がない忙しい女性におすすめの探し方でもあります。
少しの隙間時間を見つけて、スマートフォンからお店探しをすることができるからです。

またサイトの機能を使用すれば、気になるお店を片っ端から「気になるリスト」に登録し、後からまとめて確認することができるので、お店の比較もしやすいのではないかと思います。

4.キャバクラ・クラブの公式ホームページから見つける

最後に紹介するお店の探し方も、インターネットを利用する方法です。
今回は求人情報サイトではなく、直接お店のホームページを探し、求人情報を確認してみましょう。
こちらの手段を選ぶメリットは、求人検索サイト以上に、生の情報を確認することができる点です。

求人検索サイトにも写真は掲載されていますが、お店のホームページであればイベント時期の「動画」が掲載されている場合もあり、まさに「生きた情報」を手に入れることができるでしょう。

またお店のホームページではなく、キャバクラグループ企業本体のホームページを探してみるのもおすすめです。
複数の店舗を抱えているグループであれば、本体のグループ企業のホームページに、一括で求人情報を掲載していることも多く、他の媒体にはほとんど求人情報を出稿していない「レアなお店の情報」を手に入れることができることもあります。
銀座・六本木の高級クラブとして有名なClub Chickなどが良い例ですね。

デメリットとしては、多少腰を据えて検索する必要があるため、まとまった時間を作れない人にはおすすめできない点でしょうか。
待遇や時給も重要ですが、「どういった環境のお店なのか」を確認できるので、環境にこだわりたい人にはおすすめの方法です。


画像引用元:http://www.chick.co.jp/ginza/

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回紹介した3つの方法を活用すれば、必ずあなたにとって「ここしかない!」と思える、最高の環境のお店を見つけることができるでしょう。
お店を見つけたら「すぐに面接に行こう!」と思われるかもしれませんが、面接前にもう1つこなしておきたい重要なポイントがあります。
それは「体験入店」です。

今回の方法で見つけられる内容は、あくまで表面的な情報でしかありません。
そのお店の本当のところは、自分で体感してみないことにはわからないのではないでしょうか。


次回の記事では「体験入店のメリット」について紹介します。